コンプレックス

自分の見た目にコンプレックスを抱えているのであれば、美容整形を利用するのが1番です。単純に輪郭を整えたい、出ているアゴを治したいという場合にはそう苦労することはありません。しかし、問題があるのは歯科治療も込みで行わなければいけない範囲のアゴ治療です。アゴというのは歯の骨と連結していますから、どうしてもアゴを綺麗にしようと思うと歯の治療をしなければいけないという場合があるのです。
シャクレなどで悩んでいる人はアゴの骨につられて口内がゆがんでいることが多く、歯科矯正もせずに生活していたおかげでアゴの整形をしたいと決めてから3年間程度かけてまずは歯科矯正から行うことも多いです。中にはアゴを希望の形にするためには歯が邪魔になるという理由から、抜歯をしてアゴの骨を大幅に削り、小顔を手に入れる人もおります。
日本の整形外科では基本的に人間の輪郭や身体的な機能を重視する形で作られるようになっていますから、危険な治療は引き受けません。しかし、海外の美容外科では機能は無視して見た目重視の治療をしている病院も多く、アゴが漫画のキャラのような小ささになっている人もおります。
体の機能に問題が出るような形で治療をするのはいただけませんから、希望の形がある場合には美容整形を担当してくれる医師と相談した上で利用するようにして下さい。最近では審美歯科と併設して治療を行っている美容整形外科もありますから、連携や連絡がスムーズにいくように、少しでも手間やミスがおこらないようにするために病院選びから注意したほうが良い場合もあります。
アゴを小さくすることによって頬骨やエラが目立つようになる場合もありますから、自分の顔のバランスや骨の形をしっかり把握して治療するようにして下さい。特に骨系の美容整形は目や鼻と違って1度削ると大幅に戻すことはできなくなってしまいますから、慎重に慎重に進めることが大切です。
施術も切開が必要となっていますから、どうしてもダウンタイムは長くなります。十分な時間とお金をかけることができるように準備は万全にしておくようにして下さい。
あごだけでなく輪郭の歪みや理想型に近づくために足したり引いたりするべき場所へのアドバイスもしてくれますから、有料だったとしても信頼できる先生へのカウンセリングは積極的に利用して下さい。